03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
外国語のおしごと 高校生の今見つける
外国語のおしごと 高校生の今見つける (JUGEMレビュー »)
kanda gaigo group
高校生にはもったいない!!
大人にも夢を与える一冊ですね
RECOMMEND
In Rainbows
In Rainbows (JUGEMレビュー »)
Radiohead
痺れるね〜
RECOMMEND
[図解雑学] 野球の科学 (図解雑学)
[図解雑学] 野球の科学 (図解雑学) (JUGEMレビュー »)

そんなに考えたらプレーできないでしょうに…。でも観戦側なら納得。あのスクイズにも納得できるはずだ!!
RECOMMEND
野菜&果物図鑑―栄養と効能がギュッとつまった一冊!
野菜&果物図鑑―栄養と効能がギュッとつまった一冊! (JUGEMレビュー »)
若宮 寿子,ファイブアデイ協会
冬は鍋。でも何でも詰め込めばいいって訳じゃないでしょ! だから野菜を勉強しよう
RECOMMEND
わがまま歩き〈12〉ニューヨーク (ブルーガイド)
わがまま歩き〈12〉ニューヨーク (ブルーガイド) (JUGEMレビュー »)

実はカバーをはずした方が、デザイン的にカッコイイ
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

ベストセラーだと思います
RECOMMEND
知っておきたい世界と日本の神々 (なるほどBOOK!)
知っておきたい世界と日本の神々 (なるほどBOOK!) (JUGEMレビュー »)
松村 一男
この手のマニアック本は多いですが、これは先駆けだと思います
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
引っ越します
あけましておめ
でとうございます。
長い間ありがとうございました。
妻と結婚して始めたブログでしたが、
子どもが生まれてから、ブログの更新が面倒になり、
まったく手つかずでした。
しまいには、PASSやアドレスも忘れてしまう始末。
なので、いっそのこと、妻のブログに引っ越すことにしました。
そんじゃまた。

下のブログでまた会いましょう。引っ越し先はこちらです。違法リンクじゃありません。

http://shimarinco.jugem.jp/
mitsmitsmits | - | 01:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
子どもはどちらに似るのか? 耳分析
久しぶり。更新つうより、
管理者ページのID忘れて放置してた。

0723に子ども授かりました。
女の子です。もうすぐ3ヶ月検診ですが。

さて、子どもは誰ににているのか、これって
親にとって重要です。
日中働いてる自分にとって、娘との
接点は週末だけ。

他に接点ないかなぁ、せめて、身体
特徴だけでもって。
これが似てないんです。
俺は二重で子どもは一重!
血液型は俺がO型だから劣性で。。

そんで夜、寝顔みてて気がつきました。
耳じゃんって。

これ赤ん坊の耳です↓


これ妻の耳です↓


これ私の耳です↓


どうです? 妻と私とでなら、何となく、私に似てませんか?




mitsmitsmits | - | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
えっ!胎盤が
090516_2225~01.JPG
初めて気がつきました。今まで食べていたのに。
豆と鞘は、胎盤のようなモノでつながっているのです。
7月にパパになります。だから気がつきました、エダマメの胎盤に。
mitsmitsmits | - | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
えっ!外見とは裏腹に
090516_2218~01.JPG
中身がともなわないのは、人も豆も同じです。
体格の良い人に限って繊細だったり、逆に線の細い人が大胆だったり。
mitsmitsmits | - | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ウィルスから逃げろ!
パンデミックを避けるなら、
とにかく人ごみは避けるべき。
そんなのは当たり前。
それを証明するかのうように、
新宿の街は閑散としていました。


南口付近の交差点です。
ご覧の通りです。



mitsmitsmits | - | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
桜のトンネル
090404_1407~01.JPG
笹塚の桜のトンネルはすごく綺麗
mitsmitsmits | - | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
リアムの「もみあげ」は承知
弟は相変わらず偉そうで、
兄は相変わらず暗そうな、
ギャラガー兄弟のライブに行ってきた。

遅滞なくライブは始まり、
懐かしい曲目も惜しみなく披露し、
いつの間にかアンコールになっていて、
あっという間に2時間が過ぎた。
極論をいうと、いつが終わりだったか、
よく分からないライブだった。

だが、生ならではの発見は当然、あった訳だ。
まずリアムの破裂音?、ツッ、パッの音が耳障りだった。
こういう発見は、CDでは到底分からないライブならではだろう。

そしてもうひとつの驚くべき発見は、
リアムの「もみあげ」だ。
ルパン三世にしか見えない、異様に長く面積のある「もみあげ」だ。

ネット上の書き込みでも、もみあげに焦点を絞った話題が多い事から、
私のように違和感を覚えたファンも少なからずいたようだ。

しかしみなさん!!
「もみあげ」に不快感を表しているようでは、
真のファンにはなれないのです。

私の妻はやはり私と同じく、
中学〜高校ぐらいから(バンドが流行る年頃)、
オアシスに聞き惚れている世代なのですが、
彼女、曰く。

「もみあげぐらいは承知。本人がやりたいんだから、
大目に見てあげなくちゃ。やってみたかったんだよ。
眉毛がつながってても、ライブ行くんだよ、もみあげが何さ」

なんと心が広いのだろう…感心せざるをえません。
でも、旦那である僕の「もみあげ」が極太で、
おまけに眉毛までも連結していたら、
きっと、嫌われてしまうのでしょう。
僕は好い曲をつくれる訳ではないので、
注意が必要だと感じました。

幕張の寒空の下にて。




mitsmitsmits | - | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
絶景に驚くな! 愛媛の離島に降り立つ

青いレモンの島、岩城島。
福山から高速バスで土生港までが90分。
土生港から岩城港へと20分。
ここの高速バスには、
“ピンポーン、下車します”のボタンがあった。
奥の漁協さんにお世話になりに。


山頂から島を見下ろす。
桜の満開時には花見客で溢れかえるのだ。


魅力は青焼けだけではない。
年間の降水量が、東京の半分。
だから夕焼けも美しい。


島の島民の8割が、造船業に携わる。
漁業ではないのだ。


しかし私は漁業を応援したい。
鯛とヒラメの養殖を視察。いや手伝い。


養殖場へ向かう研修生。
アルマゲドンの1シーンにそっくりだとは、思わないか?


餌を与えると飛び上がる鯛たち。
一度にこんなにたくさんの鯛を見たのは産まれて初めてだ。


ヒラメだって負けてはいない。
餌をまくと葉が舞うように浮上してきた。


エビの養殖も盛んだ。
が、今はオフシーズン。掃除に徹する。
まるで畑のような養殖場。
そうか! この違和感の訳がわかったぞ。
陸上にあるからだ。
鯛やヒラメと違って、養殖場はプールのようになっているからだ。


これはアマモといって、魚の揺りかご。
この植物が育つためには、いくらか不要な海藻が存在する。
それらはみなさんの食卓にならぶサラダに入っていたりする。
アマモの保全が島を救うのか?
それはぜひ、島に来てのお楽しみ。

私は何をしに来たのか?
それも秘密。






mitsmitsmits | - | 03:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今週は福山に
まず誰よりも、一番最初に出迎えてくれたのが福山城。
嬢ではない。
出張で愛媛の離島へいくために、
新幹線は福山駅で途中下車。
目の前に、城があった。

駅前に迫る石垣と、青い空に映える天守閣。
こんなにも近くにも名所があるとは。
線路を中心線にその対岸は各種駅ビルが。
城とビル。ビルの方が大きいかな。

田舎と思ってはいけない。
さすが新幹線が停まる駅だ。
では、いざバスで土生港へ。
私は土生が読めなかった。
読めていたけど、間違っていたみたいだ。。



mitsmitsmits | - | 02:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鷲は舞い降りた (ハヤカワ文庫NV)
評価:
ジャック ヒギンズ
早川書房
¥ 966
(1997-04)
●「俺がノーフォークへ来たのは、ある任務を果たすためで、
もっと利口であるべきはずの醜い田舎娘と、生まれて
初めてで最後の恋をするためではなかった。今頃は、
おまえは、正体を知っていることと思うが、なるべく
考えないように努めてくれ。おれにとって、おまえと
別れることが、すでに十分な罪なのだ」
●「そうだ、あんたがそのうちにメイオウの平原を見つける
ことを祈っている、といったよ」
彼は限りなく深い悲しみをたたえた笑みを浮かべ、
誓ってもいい、目に涙を浮かべていた。

分厚い本だが、この一文でその苦が報われる。


●「そうではないか、と思っていた。あなたを見て、
わたしが何を思い出したか、お分かりか?」
いや中佐。聞かせてもらいたい」
「どぶの中で時折、靴にくっつくものだ」シュタイナがいった。
「暑い日にはとくに不快なものだ」
●「それなら、なぜためらっているのだ?」首相が落ち着いた
口ぶりでいった。
●首もとの騎士十字章が輝いており、
右手はいまだモーゼルをしっかりと握っていた。

痺れるワイズクラック。
目標を達成せずして冒険は終わる。
が何かを得たような読後感。

高校のときに読んだ本。
読み返すたびに発見が。
だけど父の部屋で読んだときは、
完全版じゃなかったから、こんな結末はなかった気がする。

mitsmitsmits | - | 01:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/15PAGES | >> |